稲むらの火
トップ 人物紹介 稲むらの火 A LIVING GOD 資料室 著作集 賛同者 リンク集
English Page(英語のページ) サイトマップ

5年生の国語の授業「百年後のふるさとを守る」の授業を参観(上)

5年生の国語の授業 5年生の国語の授業「百年後のふるさとを守る」光村図書出版
(河田惠昭・関西大学教授執筆)を参観して来ました。
事前に資料を先生にお渡ししただけに完璧な教え方でした。
昭和22年の国定教科書のコピーを生徒に示し、「稲むらの火」の部分を
生徒に読ませて、生徒に答えさせ、。「津波から人びとを救った稲むらの火〜 歴史マンガ・浜口梧陵伝」(文溪堂発行) の巻末の「稲むらの火」の現代語に変えた文章を生徒に配って先生が読んで
聞かせて説明してました。
全文の最後の「気が付くと、無言のまま五兵衛の前にひざまずいてしまった」は、
教科書にありませんが、「LivIng the God」と濱口大明神の話をしないと生徒に
理解しにくいでしょう。
次回の授業から実在の主人公・濱口儀兵衛について生徒がグループ討議をするそうで、
最後のまとめの授業も参観したいと思っています。
毎年、全国の70万人以上の生徒が津波の恐ろしさと避難と防災、復興の大切さを
学ぶ訳ですから、地震多発国・日本の将来を担う心強い教科と言えます。

白板の文章
五兵衛のすぐれた決断と行動を読み取ろう
五兵衛の「これはたいへんだ」という気持ちが分かるところ
「これはただごとでない。」
不気味なもの
目をそこにすい付けられてしまった。
もう一こくのゆうよはできない。

「よし」とさけんで家にかけこんだ。
決断「稲むらに火をつけよう」
かり取った稲やわらに火をつけた。

五兵衛・・食べ物よりも村人400人の命を守らなければ
行動・自らの田のすべての稲むらに火をつけた。
(c)2001 Study group of Inamura-no-Hi. All rights reserved.
本サイト上に含まれる文章・画像・意匠は、関係者より本サイトにのみ特別に使用を許可されたものなので、無断転載を厳禁といたします。
ご意見・ご感想は電子メール アドレス :hamaguchi@pvc.jpまで